2008-11-11

読書「最短経路の本」



最近のヒット。日本が誇る「マンガでわかる統計学」が女子高生+社会人なのに対して、この本は15歳の少女+AIソフトウェア。さすがドイツ!

先生と生徒というフォーマットはものを覚えやすいのだなと思う。この本には中盤からもう一人の生徒として、もの覚えの早いボーイフレンドが登場する。彼が復習役を担っている。

内容は、電車の乗り換えの話からはじまって、ダイクストラ、オイラー閉路、ハミルトン閉路、巡回セールスマン問題やNP問題などを扱っていく。非常に楽しく読めて、役に立つ本です。おすすめ。

読書「世界一やさしい問題解決の授業」



ロジックツリーとマトリックスを紹介している本。子供向けにかかれた大人用の本。30分くらいで読了。

この手の話は、知らなかったら「そうだったのか!」、知っているなら「知ってるさ〜」なのだなあと改めて思う。MECE を思い出すよい機会になった。

読書「レバレッジ英語勉強法」



30分くらいで読了。具体的な勉強法というよりも、勉強への心構えの本といった感じ。

偏ったジャンル、つまりは専門分野、だけに絞って英語を使えるようにしよう。3ヶ月でマスターするといった気概を持って勉強しよう。という2点が、参考になったいえば参考にはなった。

2008-10-27

Dr. Flovky

僕「ふろふき大根って、イアン・フロフキー博士から来たのかな?」
嫁「だれそれ?」
僕「僕も知らない」

快勝。

2008-10-16

空耳「クリス王子」

誤:「今日、クリス王子お願いできる?」
正:「今日、風呂掃除お願いできる?」

2008-10-08

読書「簡単に断れない。」



以前にも読んでた。にも関わらず、もう一度買ってしまった。

てきとーな文章を書く、哲学者のエッセイ集。軽い気持ちでさくっと読めて、その場で内容をあっさり忘れてしまえるお手軽さ。

というような文章を書きたくなるところが、この人の魅力。

カシューナッツ

僕「知ってた?カシューナッツってカリフォルニアで取れるから、加州ナッツって言うんだよ」
嫁「嘘じゃん。綴り全然違うもん。cashew でしょ?

完敗。

2008-10-06

オフィスデコレーション

Oさんが、いないことをいいことに、みんなで模様替え。
虐げられてるんじゃなくて、愛されてるんですよ!

ビスマルクちゃん

マクドナルドのハッピーセットが、チビまる子ちゃんなのを見てふと思った。
「わたしゃ、さいしょうだよ〜」

2008-09-30

読書「決算書がおもしろいほどわかる本」



これまた古本から、というかしばらくは BOOK OFF シリーズ。

まったくの素人なので、いろいろと得られるものはあった。まず、「貸借対照表=バランスシート」なのを初めてしった。しかし、「貸借対照表」の読み方(ふりがなの方の読み方)は書かれていない。「かしかり」「かりかし」「たいしゃく」「しゃくたい」のどれかだとは思う。

その他いろいろと得るものはあった。決算書から会社を見るというよりも、会社の行動原理がどのように決算書に反映されるのだろうかと考えられるようになった(いまだけ)。

あと、資産が減価償却されると、バランスシートには反映されるのかどうかがよく分からない。株や土地は購入価格のままなので、反映されないんじゃないかと思うけれども。2週間後ぐらいに復習しよう。

読書「サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣」



古本屋で見つけて、面白そうだったので購入。非常に参考になる。

手間と暇を惜しまずに、信念を持って取り組めば、たぶんうまくいくのであろう。著者は不動産経営が大好きで、そこで得られた知見を分かりやすく教えてくれている。読んでいても、著者の不動産に対する愛が感じれる。ちょっと言い過ぎかもしれないけれど。

問題は、自分がここまでの愛を注げそうにないという点。やっぱり、好きこそものの上手なれ、な気がする。そう考えられただけでも読む意義はあった。

2008-09-25

チロルチョこたつ

http://www.tirol-choco.com/campaign_200809/
こ、これ、ほしー!

キーボートのキートップ版を作っても面白そう。Command-Sit みたいな感じで。

2008-09-23

読書「問題な日本語」



日本語ブームの時の本?あの明鏡国語辞典の編集者陣が執筆。「言葉は変わっていくものでございます」というスタンスのようで、そんなに抵抗なく読める。

参考になったのは、「おざなりとなおざり」「台風が上陸する可能性があります」「脱北(だっぽく)」の項。

読書「数式を読みとくコツ」



数式の読み方と言うよりも、数学の復習用。でも、これはこれで非常に役に立った。内容は無限大や数列の話。もう少しこってりしててもよかったけれど、よい取っ掛かりになったと思う。

2008-09-20

元田宮の前ちゃんとごきぶりポーカー



縁あって、元田宮の前ちゃんとごきぶりポーカーをする機会に恵まれる。田宮の前ちゃんと言えば、第一次ミニヨン世代のヒーローですよ、そりゃ頑張ってシャーシの肉抜きもするさ!

で、ごきぶりポーカー。シンプルなルールながら、人のやらしい部分を暴いてくれる非常によくできたゲームでした。最近ポーカーでも痛感しているのが、勝つ勝たないよりも、勝負をすること自体が目的になっていること。まあ、娯楽で発散している分にはいいのかねぇ。

2008-09-18

空耳「ふとももが太い、ふとももが細い」

Strong agree, strong disagree.

寝起きの頭で聞くとこうなる。

2008-09-09

読書「金持ち父さん貧乏父さん」


弟に借りて読む。当の弟はまだ読んでいない。要約すると「お金の勉強しろ、人と違うことをしろ、恐れるな」。ウォール街のランダムウォーカーと違い、マッチョ指向が強い気がする。

読む価値はある。とりあえず、お金の勉強もも少しするか。

読書「マンガでわかる統計学」


スラッシュドットに英訳されるとの記事があったので読んでみる。分かりやすい。大学時代に習ったような気がするなあ。ってのを思い出させてくれる。カイ二乗分布までくると名前だけしか覚えていないけれども...。月末に復習の時間を取る予定。

「本当に勉強なの?」という、奥さんの冷たい視線は気になる。

2008-09-06

読書「英語で日記を書いてみる表現集編」


英語で書く日記の例文集。解説は分かんない文の時だけ読んで、ざっと流し読み。生理が来ないだの、知り合いが自殺しただの、ところどころツッコミたくなる例文が多くて面白い。

なぜかよく覚えているのは以下のふたつ:

  • I'd better (had better) は I should より強い表現
  • run into で「偶然合う」


本の内容どうこうよりも、英語の日記をつけ始めたきっかけになったこととの方が大きい。

2008-08-17

空耳

誤: 「吉村さん、メダルゼロだって。」
正: 「女子マラソン、メダルゼロだって。」

KETACLOCK

フリーダムな時計。



Gizmodeより。

読書「まわるチームを作ろう」


1時間程で読了。以下、気になった点

  • 作業のチェックシートを作る
  • ルーチンワークをマニュアル化する
  • コミュニケーション大事
作業のチェックシートには
  • 仕事内容: 自分だけができる・他人でもできる・やらなくてもいい
  • 週間スケジュール: 期限・優先順位
  • 期間目標: 月・四半期・年単位
などが紹介されている。